らーめん

青森ラーメンの奥深き魅力:「津軽ラーメン」と「味噌カレー牛乳ラーメン」を食べたい

今や国民食と言われるラーメンですが、ご当地ラーメンにも王道と呼べるラーメンや進化系と呼ばれるラーメン、そして変わり種と呼ばれるラーメンもあります。

煮干し・焼干し文化が生んだ津軽ラーメン

津軽ラーメンってどんなラーメン?

青森県弘前市を中心とした津軽エリアでは昔から陸奥湾などで大量の鰯が水揚げされていて、それらを使った焼干しが昆布と並ぶ出汁の中心でした。

そこから生まれた津軽ラーメンの一番の特徴は、やはり煮干し、焼干しをベースにした醤油味の個性的なスープにあります。

麺は細ちぢれ麺が主流ですが、店によって様々です。トッピングはネギ、チャーチュー、メンマ、麩が入っているのが一般的です。チャーシューは厚切りロース肉が使用されていることが多く、なるとではなく麩が入っているのが大きな特徴でもあります。

津軽地方中心に食されている津軽そばにルーツがあるとされ、昭和初期頃から提供されていると言われている歴史あるラーメンです。

あなたはどっち?王道系津軽ラーメンと進化系津軽ラーメン

現在煮干し・焼干しを使った津軽ラーメンは二極化していると言われています。

一方は煮干し・焼干しのみ、もしくはメインで出汁を取る、さっぱりとした味わいのいわゆる王道系津軽ラーメン。

もう一方は煮干し・焼干しだけでなく、鶏ガラ、豚骨など動物系のスープを合わせた、濃厚でガツンとくるタイプの進化系津軽ラーメンです。

こんな風にラーメン文化が栄えるのも、ラーメン消費量の多い青森県ならではかもしれません。

意外な組み合わせが絶妙にハマる?!味噌カレー牛乳ラーメンの魅力

味噌カレー牛乳ラーメンってどんなラーメン

味噌カレー牛乳ラーメンは、その名の通り味噌ラーメンにカレー粉と牛乳が入った青森県のB級グルメです。その変わった組み合わせのスープはホワイトシチューのような乳白色をしていますが、まろやかな香りにスパイシーさが混じり、さらに真ん中に乗っているバターの香りがなおのこと食欲をそそります。具はチャーシュー、わかめ、もやし、メンマが乗っているのが一般的です。

一見奇をてらっただけ?と顔をしかめてしまいそうな組み合わせですが、一口食べると味噌のコク、カレーの刺激、牛乳のまろやかさにバターの風味が絶妙に合わさって、クセになる味わいがあります。
現在味噌カレー牛乳ラーメンは5人の愛弟子に引き継がれ、青森市内の5つの店で食することができます。

遊び心から生まれた味噌カレー牛乳ラーメン

味噌カレー牛乳ラーメンは今や青森県のソウルフードになっていますが、実はそのルーツは北海道にあります。札幌ラーメン横丁の「満龍」店主は東京進出を目指しましたが、途中で降り立った青森の居心地がよく、そのまま青森で「味の札幌」を開業することになりました。

そこで好奇心旺盛な中高生の間でコーラやマヨネーズ、ケチャップなど様々な組み合わせでラーメンを食べることが流行しました。その中で「味噌」「カレー」「牛乳」の組み合わせのラーメンが驚くほど美味しいと口コミで流行し、その美味しさを店主も認め、正式メニューとして定着したことが味噌カレー牛乳ラーメンの発祥となりました。

以来、40年にわたって地域民に愛され続けているご当地ラーメンです。

まとめ

青森ラーメンの魅力についてまとめてみました。
インスタントラーメン消費量第一位のラーメン好きの県民性は極寒の地青森県ならではです。王道系も進化系も変わり種形も、それぞれの美味しさがあるので是非とも食べ比べてみることをオススメします。

岩手のわんこそばは一度は挑戦してみたいですよね。こちらもぜひどうぞ! >>実際に食べたことある?岩手の名物料理わんこそば